2010年10月10日

体調を整えて・・筋力アップと根の野菜

おいしい水のんでますかー
スポーツ中の水分補給は忘れずにね!
最近は水に溶かすタイプの「VAAM」だっけな。使ってます!
ダイエットサポート飲料の一つみたいですが、また今度紹介しますね。

最近はパーソナルトレーニングを受けはじめて
「効かせるべき筋肉」がわかってきたので
家でのちょっとしたエクササイズでも
「ここにきくんだ」という意識をおいてできるようになってきたので
体重と体型の変化が早いです。

難しい運動はないのですが基本は脂肪燃焼と筋力アップ。
この脂肪燃焼のほうが先にできてしまうので
体としては今まであったものがなくなっていくので
若干、力不足になるんですね。少し免疫力も落ちるのか
ちょっとアレルギーっぽい症状もでやすくなったりします。
とても体が敏感に反応している証拠らしいので気にはしていなかったのですが
体を整えて元気に過ごしたいので、少しずつ「根の野菜」をとったほうが
良いみたいです。

夏は冷やす野菜が多いのですが(きゅうり、トマト、レタス・・など)
とりあえず、体も季節も一緒になって変化しているので
だるくなったり疲れやすくなったりします。
ここで登場するのが「体を温める野菜」です。
ぽかぽかすることで体をふるいたたせて元気に意欲的に活動しよう!という
わけですよ!

ちょっと夏の疲れがでてる・・季節の変わり目でだるい、意欲がでない・・
時には体を温める意識をしましょう。

というわけで手っ取り早く、けんちん汁としょうが入りご飯にしてみました(笑)
毎日の運動とおいしい水、体を温める野菜で
がんばって活動しましょう!
posted by しせいりゅう at 21:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

夏バテは自律神経の乱れから

おいしい水のんでますか〜
お水に塩飴、ビタミンウォーターに
マルチビタミン&ミネラルでがんばってます!

あとは規則正しい生活が一番なんだけど・・・

さて、健康情報が水口先生のメルマガの中にはいっていました。
というわけで、ここからです〜8月16日のメルマガです。一番下に先生のHP等、
載せてあります。↓


そろそろ夏バテが出てくる頃ですね。

夏バテというのは一口で言いますと「自律神経失調状態」です。

私たちの身体はホメオスタシス(恒常維持機能)が働いて体温を一定に保っています。

熱いサウナに入ったからと言って体温が上がるわけではありません。
それは発汗して温度を下げているからです。

また、寒い冬でも体温は一定ですね。
血管が収縮して熱が逃げないようにしているからです。

これらはすべて自動的に自律神経がやってくれています。

夏バテというのは、外界の「温度変化に体がついていかない」状態です。
電車やオフィス、レストランなど強烈な冷房が効いています。

外が暑いのに急激に身体を冷やすために、
自律神経がオーバーワークして機能低下を招いています。

さらに、暑くなると体力を消耗し、食欲も落ちてきます。

この状態が夏バテです。
 これは、夏に限ったことではなく、季節の変わり目には起こる身体の変化です。

発汗すると塩分不足になるので、十分補ってください。

さらに発汗によって喉が乾き大量の水を飲みます。
ますます塩分不足に陥りますね。

私たちの身体も原子の塊なので当然電気(電子)によって動いています。
塩分不足になると神経伝達がうまくいきません。

夏は食欲が落ちて、そうめんや冷やし中華といったさっぱりとした糖質(炭水化物)を多く摂取
しがちです。

糖質代謝にはビタミンB群とCが必要です。

ところが特に夏は汗によってビタミン類は外に出てしまいます。

漢方には上薬(食べ物)、中薬(ビタミン類)、下薬(病院でもらう薬)という考え方があって
病気は上薬(食べ物)で治すのが理想とされています。

これが薬膳料理です。

豚肉や青魚、納豆などは良質のたんぱく質源で、しかもビタミンB群が豊富で、
夏バテにふさわしい食べ物です。

現代人は薬膳まで手が届かないので、中薬(ビタミン類)で補ってください。

ビタミン類は単体ではダメです。

マルチビタミン(総合ビタミン)を摂りたいものです。

自然に逆らわずに、暑い時は汗を流し、寒い時は厚着で寒さを防ぐのがいいようです。

冷房や暖房は程々にというところでしょうか。

夏バテを起こしてしまうとなかなか治りません。

夏バテをしないように気をつけましょう。
 
というわけでとってもわかりやすいのでみなさんにも
役に立つのではないかな・・と思い、載せました。

★水口清一先生の公式HP


★ロストテクノロジー研究所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
健康情報だけでなく、世の中のこと、自己啓発など
わかりやすく配信しているので興味がある方はどうぞ。

水口清一メール講座へのワンクリック登録

夢をかなえる8つの秘伝(無料)

水口発想塾メール講座(無料)



posted by しせいりゅう at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

室内でも脱水は起こります

やってしまった!
今朝の話ですがいつものように起きたがなんだかへん。

体に力ははいらず、みょうに寝汗をかいたのか
かなり発汗している。

起きたいんだけど、体が動かず。
起きたら・・・ぐらっと。
ものすごい頭痛とめまいにおそわれ動けない・・

もう、まじで汗・・ってかんじですよ。
冷や汗なんだか熱くて汗?なんだかわからず、でもトイレには
いきたいし、もう家具をつたってどうにかたどりついた。

下を向くとそのまま、床につっこみそうだし、
じゃあ、上向きが楽かというとそうでもない。

もうふらふら。

とりあえず、涼しくしていつものビタミンウォーターを
飲んで再び寝ました。
食欲はなく、けっきょく、15時くらいまでほとんど
食べられず。
どうにかその頃におにぎりとお味噌汁で
でかける準備。

そう、カイロです!

診断は
膀胱機能の低下
副腎あたりのホルモンの分泌がちょこっと弱い。
(自律神経の関係ですね、いわゆるストレス反応)
ちょっと夜更かし気味
夜しっかり眠れていない

これらがうまく作用できず、大量の発汗が夜中にあり
脱水を起こしたのでは・・ということでした。


なので・・・
思ったよりも心身ともに疲れているので休息を。
夜は早く寝ましょう・・
足の小指の爪もみをしましょう(膀胱のツボ)等のアドバイスを
いただきました。
当然、施術では上記反応がでないよう、施術していただいたので
帰りには復活。
今もとっても元気ですが寝ないとね(苦笑)

脱水というと熱い部屋、カンカン照り・・とイメージしがち。
それも昼間って思いがちですが
夜中でも体調しだいでおこりうるのです。

なので寝る前の水は欠かせません。

あとは風ひくといけない・・と思い、
エアコンは消してねていましたが
今の体の状態だと熱いのはどうもだめらしい。
なので、夜中に切れるようにタイマーして
朝方にまた入るようにセットして様子をみます。

たかが6時間の室内の話・・ですよ。
こわいですね(涙)

というわけで脱水にはきをつけましょう〜
posted by しせいりゅう at 00:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キレイを応援するショッピングサイト「美人貯金」
《健康的なダイエット》ならホットヨガスタジオLAVA

RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。