2010年08月30日

夏バテは自律神経の乱れから

おいしい水のんでますか〜
お水に塩飴、ビタミンウォーターに
マルチビタミン&ミネラルでがんばってます!

あとは規則正しい生活が一番なんだけど・・・

さて、健康情報が水口先生のメルマガの中にはいっていました。
というわけで、ここからです〜8月16日のメルマガです。一番下に先生のHP等、
載せてあります。↓


そろそろ夏バテが出てくる頃ですね。

夏バテというのは一口で言いますと「自律神経失調状態」です。

私たちの身体はホメオスタシス(恒常維持機能)が働いて体温を一定に保っています。

熱いサウナに入ったからと言って体温が上がるわけではありません。
それは発汗して温度を下げているからです。

また、寒い冬でも体温は一定ですね。
血管が収縮して熱が逃げないようにしているからです。

これらはすべて自動的に自律神経がやってくれています。

夏バテというのは、外界の「温度変化に体がついていかない」状態です。
電車やオフィス、レストランなど強烈な冷房が効いています。

外が暑いのに急激に身体を冷やすために、
自律神経がオーバーワークして機能低下を招いています。

さらに、暑くなると体力を消耗し、食欲も落ちてきます。

この状態が夏バテです。
 これは、夏に限ったことではなく、季節の変わり目には起こる身体の変化です。

発汗すると塩分不足になるので、十分補ってください。

さらに発汗によって喉が乾き大量の水を飲みます。
ますます塩分不足に陥りますね。

私たちの身体も原子の塊なので当然電気(電子)によって動いています。
塩分不足になると神経伝達がうまくいきません。

夏は食欲が落ちて、そうめんや冷やし中華といったさっぱりとした糖質(炭水化物)を多く摂取
しがちです。

糖質代謝にはビタミンB群とCが必要です。

ところが特に夏は汗によってビタミン類は外に出てしまいます。

漢方には上薬(食べ物)、中薬(ビタミン類)、下薬(病院でもらう薬)という考え方があって
病気は上薬(食べ物)で治すのが理想とされています。

これが薬膳料理です。

豚肉や青魚、納豆などは良質のたんぱく質源で、しかもビタミンB群が豊富で、
夏バテにふさわしい食べ物です。

現代人は薬膳まで手が届かないので、中薬(ビタミン類)で補ってください。

ビタミン類は単体ではダメです。

マルチビタミン(総合ビタミン)を摂りたいものです。

自然に逆らわずに、暑い時は汗を流し、寒い時は厚着で寒さを防ぐのがいいようです。

冷房や暖房は程々にというところでしょうか。

夏バテを起こしてしまうとなかなか治りません。

夏バテをしないように気をつけましょう。
 
というわけでとってもわかりやすいのでみなさんにも
役に立つのではないかな・・と思い、載せました。

★水口清一先生の公式HP


★ロストテクノロジー研究所

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
健康情報だけでなく、世の中のこと、自己啓発など
わかりやすく配信しているので興味がある方はどうぞ。

水口清一メール講座へのワンクリック登録

夢をかなえる8つの秘伝(無料)

水口発想塾メール講座(無料)



posted by しせいりゅう at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キレイを応援するショッピングサイト「美人貯金」
《健康的なダイエット》ならホットヨガスタジオLAVA

RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。